スポーツ(主にスポーツニュース)について熱く語ります!日記を織り交ぜながらですが…。野球は東京ヤクルトスワローズファン。


by bering76
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

清原と中村がオリックス入り。オリックスにとっては…。

中村がオリックス入り 清原に続く強打補強


清原と中村紀が相次いでオリックスに入団となった。

2人にとってはかなりいい移籍になるんじゃないかなと思う。

清原は膝とかのケガが多く、今は守備の負担がかなり大きくなってしまっている。だから、DH制のあるパ・リーグへの移籍は正解じゃないかな。

DHでバッティングに専念して、どこまでいけるか見てみたいですね。

でも、DHでもいけなかったら、

“引退”の2文字に現実味が帯びてくるのかもしれない…。

中村はドジャースでは今年、マイナーでほとんどを過ごすという不本意なシーズンになってしまった。

年齢を考えると、このまま挑戦するのは難しかったのかもしれない。日本では一流のバッターだけど、アメリカではマイナー扱い。彼にとっては相当辛かったのでは?

さらに昨年は近鉄とオリックスの合併で、反対を訴えていたからオリックスには行きづらかったというのもあったと思うけど、アメリカ帰りの今年ならそのような感情論も出なくなってくるはずだしね。近鉄出身の選手も多いから、来年は中村にとっては最高の環境で野球に集中することができるんじゃないかな。

“一方、オリックスから見たら、この移籍はどうなのだろう?

まずは日本球界でも屈指のスター選手を同時に2人も手に入れたことで、観客動員なんかにはプラスに働くだろう。来年の開幕戦はかなり人が入るだろうね。

でも、戦力的には少し疑問が残る。

清原は今年は試合数にしてはHR数は多かったけど、打率はかなり低く、使いづらい選手となっていた。さらにケガもあって、巨人から追い出された形だ。

中村も1年間のほとんどをマイナーで過ごし、メジャーという高いレベルで自分を磨くことができなかった。年齢ももう32歳。野球選手としてはまだいける年齢だけど、今年の1年間が彼の野球寿命を短くしてしまったような気がしてしまう。さらに、近鉄での最後の1年も確かあんまり活躍してなかったと記憶してるから、ピークを過ぎてしまったのかもしれない…。

だから、オリックスは活躍するかも分からない選手に大金を払ってしまったのではないだろうか。なんか昔巨人がFA移籍で広沢や江藤を取ったのに、大して活躍しなかったことを思い出してしまいました。

もちろん、2人とも復活してほしいんだけどね。

特にアンチ巨人としては、清原には巨人を見返すくらいの活躍を期待したい。

でも、現実を考えるとオリックスが使った金額に見合う戦力が手に入るとは思えない…。




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
by bering76 | 2005-12-21 23:00 | 野球