スポーツ(主にスポーツニュース)について熱く語ります!日記を織り交ぜながらですが…。野球は東京ヤクルトスワローズファン。


by bering76
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

荒川が逆転の金!

荒川、逆転で「金」 フィギュアでアジア初

女子フィギュアがフィナーレを迎えました。

なんと、荒川静香が金メダル!!!!

いや~。すごかったですね。

パーフェクトな演技というのはこういう演技を言うんでしょうね。

他の選手のミスが続出する中、3回転‐3回転を即座に3回転‐2回転に変更したりなど、終始冷静でした。1箇所3回転ジャンプが2回転になったところがあったそうですが、どこだったんだろうと思わせるくらい素人目では気づかなかった。本当にパーフェクト!!

この大一番でパーソナルベストを出したみたいだけど、自分が持てる力を全て出せたことが金メダルを獲れた理由だろうね。他の選手はそれができなかったから。でも、オリンピックの金メダルがかかってたあの場面で自身最高の滑りができたというのは本当にすごい。

精神的にも強い女性なんでしょう。

オリンピックでは技術もそうだけど、やはりメンタルが非常に重要だという当たり前のことを今回は改めて痛感させられました。

去年はあんなにルール改正に苦しんでいたのに…。よくぞトリノにピークをもってこれたなと思うよ。

文句なしの金メダルでしたね。

いやホントすごかった。

村主は4位。

3回転が2回転になってしまったところがあって、あのジャンプミスがなかったらメダルの可能性もあったと解説の人が言ってました。

でも、村主もそれ以外にミスらしいミスはなかったんじゃないかな?

ということは、SPのポイント差が最後に響いちゃったという形だろうね。

惜しかった。ホント惜しかった。

でも、2日間通して素晴らしい演技を見せてくれたと思います。

安藤美姫は15位でした。

あの4回転はめちゃくちゃ惜しかった!(素人判断)

紙一重でこけちゃったようにおれには見えました。

ただ、4回転失敗が響いたのか、その後はジャンプでミスの連続だったね。

個人的に言うと、必要以上のプレッシャーをかけられて、さらに不調のシーズンだったことを考えればよくやったと思う。

少し休んで、リフレッシュして、この経験を来年以降生かしてほしいな。

次こそは、演技終了後のミキティスマイルを見たいものです。

負けるなミキティ。君にはまだまだ未来がある!!

上位の選手にも少し触れておこうかな。

2位になったサーシャ・コーエン。

SPの時とは別人の彼女がいました。

SPはあんなにすごかったのに…。

プレッシャーにやられたんだろうね。ガラスのハートは健在だったということでしょうか。彼女を見てると、陸上の短距離のマリーン・オッティーを思い出します。彼女はトップに立つ実力をもちながら、ブロンズコレクターと呼ばれるくらい銅メダルばっかりで、なかなか金メダルが取れませんでした。

でも、確かオッティーも最後に何かの競技で金メダルを取ってたと記憶してるから、コーエンもあきらめずにがんばってほしいね。

3位は女王スルツカヤ。

彼女がジャンプで転倒する場面を他に見たことがありません。

完全無欠の女王にとっても、オリンピックの舞台は別物だったということでしょう。

きっと、コーエンとスルツカヤにオリンピックの魔物がとりついたということだろう。

ともあれ、日本は荒川のおかげでメダル0を免れました。

ヨカッタ。ヨカッタ。




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
by bering76 | 2006-02-25 08:14 | 一般スポーツ