スポーツ(主にスポーツニュース)について熱く語ります!日記を織り交ぜながらですが…。野球は東京ヤクルトスワローズファン。


by bering76
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

トリノ閉幕。勝手に表彰してみました

五輪=トリノ冬季五輪が閉幕、17日間の熱戦が終了


トリノオリンピックの17日間がフィナーレを迎えました。

ただ普通に振り返ってもおもしろくないので、勝手に賞を作って、振り返ってみることにしました。

まずは、今大会のMVP!

MVPは上村愛子です!!!

荒川静香という声が大半かと思いますが、おれはあえて上村愛子を推します。

大会初日に登場し、3Dエアをカッコよく決めてくれました。モーグルの得点配分でエアの占める割合は少ないのにも関わらず、難易度の高いエアにこだわり続け、予選、決勝の2本ともバシッと決めてくれました。

確かに、メダルはついてこなかったけど、“コークスクリュー”決めたアナタはめちゃくちゃ輝いていました。カッコよかったです。

ちなみに、おれの中で「一番かわいかった女子選手で賞」も上村愛子で、彼女は2冠に輝いております。(スイマセン、この賞は完全に自分の趣味です)

続いて、功労賞。

「功労賞は文句なしで荒川静香!!

日本に唯一のメダルに金メダルをゲットしてくれました。金メダルというプレッシャーのかかった場面で、ほぼノーミスに近い演技を見せ、他の選手とは精神力の違いを見せつけてくれました。演技が終わった後のスタンディングオベーションには感動しました。

「イナバウアー」は今年の流行語大賞にノミネートされそう…。

荒川選手、感動をありがとう。

サプライズ賞はスキージャンプの原田雅彦。

なんと体重が200kg足りずに、失格という目にあってしまいました。リレハンメルでのジャンプ失敗、長野の大失敗からの大ジャンプと、あなたはなぜオリンピックになると、ドラマチックな話題を提供してくれるのでしょうか?今回も思いもしない展開に本当に驚かされました。

おもしろかった競技賞はショートトラック!

ソルトレークでビリを走っていたオーストラリアの選手が最終コーナーの他の選手の転倒で金メダルを獲得して以来、おいらはこの競技の虜です。

今回は時差の関係で、3時~5時といったような深夜での放送が多くて、あんまり見ることができませんでしたが、スリリングさは変わっていませんでした。でも、韓国強すぎですよね。

誰かどうにかしてください...

ちなみにおもしろかった競技で賞の次点はスノーボードクロスです。

順位がめまぐるしく変わったり、転倒もあったりと、ハラハラドキドキで見てました。スノボをかじってる身としては、かっこいいとおもいますし。

でも、女子の決勝でブッチギリで1位だった選手が最後のジャンプでグラブを入れて大転倒!何であんなことをしたのでしょうか??藤森選手曰く、あれだけ差があったら、やってみたくなるのがスノーボードクロスの選手だそうです。あの人、悔やんでも悔やみきれないだろうなぁ。

カーリングは意外におもしろかったんですが、1試合の時間が長すぎて、おれにはあんまりあわない気がしたので、除外しました。

あと、個人的にはエアリアルが好きなんですが、今回はまったく見れませんでした…。実況が「ダブルフル、フル、フル」みたいに「フル」という言葉を連発するのが好きだったりします。でも、「フル」の意味をよく分かってなかったりするんですが…。

快挙達成賞は二組受賞です。

アルペンスキー回転で入賞した皆川・湯浅コンビとクロスカントリーチームスプリントで入賞した夏見・福田コンビの二組です。

どちらも日本からは世界で活躍する選手がでないので、こういうスポーツでも日本はやれると証明してくれました。まさに快挙達成ですね。

ステキな涙で賞をショートトラックの神野由佳選手に。

入賞であんなにステキな嬉し涙を見せてくれて、見ていてこっちが感動しました。メダルだけが全てじゃないよな~と実感できたワンシーンでした。失格の選手が出て、入賞となったわけだけど、そんなことは関係なし!その結果を堂々と日本にもって帰ってきてもらいたいものです。

分かりやすい解説でした賞にはフィギュアスケートの解説をしてくれた佐藤由香さんに。

「トリプルルッツ」とかジャンプをするときに、どのジャンプかを解説してくれるのが分かりやすいですね。ジャンプの違いが分からない男にとっては、この解説がないとほとんどわからないまま終わってしまいます。あと、演技中は多くを語らないのも○ですね。選手の演技を壊さない解説。こういうのも大事だよね。荒川静香のときなんか、実況を含めて沈黙の時間が結構あったけど、かえってその方が演技に入り込めたりするしね。

他にも色々表彰したい人やものはいっぱいあるけど、収拾がつかなくなりそうなので、このあたりで終わりにしようかと。

最後にお礼をいいたいで賞。

これは日本選手団全員にですね。

期待されてダメだった選手もいますし、不運に泣いた選手、調子が悪かった選手もいたと思うけど、みんながんばったと思います。結果は出なかったかもしれないけど、この17日間熱くさせてくれたのは出場した選手全員だよね。

この場を借りてお礼を言わせてもらおうかと思います。

感動をありがとう!みなさんお疲れ様でした!!





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
by bering76 | 2006-02-28 02:08 | 一般スポーツ