スポーツ(主にスポーツニュース)について熱く語ります!日記を織り交ぜながらですが…。野球は東京ヤクルトスワローズファン。


by bering76
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

WBCで誤審発生!大会自体にケチがついた

王ジャパン黒星スタート WBC2次リーグ米国戦


今日は仕事で帰りが遅く、クタクタなので、ブログは更新せずに早く寝ようと思っていたけど、そうは言ってられない事件が起こっていたんで、自然とPCに向かっていました。

そう。その事件とはもちろん、WBCの世紀の誤審である。

あの判定自体にはさんざんニュースでリプレイを出して、語られているので、あえてここで語る必要はないだろう。

それに審判だって間違える事もある。

だって、人間だから…。

ただ、今回はそれだけでは済まされない問題が含まれているんじゃなかろうか?

まずは、球審が目の前で見ていた塁審の判定を覆したことだ。

日本じゃこれはありえない。

野球文化の違いといってしまえばそれまでだが、一番近くで見ていた審判の判定を否定するんだったら、何のための塁審なのか?塁審の存在意義すら否定しかねない事態だ。

メジャーの試合をあまり見ることがないから知らないだけなのかもしれないけど、メジャーの試合でもこういうことがよく起きるんだろうか?はなはだ疑問だ。

他にも問題はある。

アメリカで行われている大会のアメリカ戦で、なぜアメリカ人が審判を務めるのだろうか?

サッカーのW杯だったら、これはありえない。国際試合では必ず第3国の人が審判を務めるというルールになっているからだ。サッカーと違って、野球は活動している国の数が少ないし、国によってはストライクゾーンやボークとかの考え方が違ってたりするから、なかなか難しいんだろうけど、こういう国際大会ができたのだから、しっかりとした国際基準を作って、第3国の人間がジャッジするべきだろう。

そうじゃなかったら、アメリカによるアメリカのための大会と思われてしまっても仕方がないだろう。

今回の審判団は30人近くいて、20人近くがアメリカ人で構成されているようだ。この構造自体が大きな問題ではないのか。

さらに、今回の最大の問題が残っている。

それはマイナーリーグの審判がWBCの審判を務めているということだ!!

これもサッカーのW杯だったらありえない。サッカーは審判のレベルが厳格に決められていて、各国トップの審判が集まってくる。まぁ、サッカー小国の国でレベルの低い審判が出てくることがまれにあるけど…。2002年の韓国vsスペインの試合を吹いた人とか…ね。ただ、例外はおいておけば、非常に優秀な審判が集まってくる。決勝なんかコッリーナ審判のように、欧州のトップリーグのトッップレベルの審判が吹くくらいだからね。

なのに、今回はメジャーではなく、マイナーの審判。

選手は一流なのに、審判が二流ということだ。

これは大きな問題だろーーーーー!!!

サッカーのW杯やチャンピオンズリーグのベスト16とかで2部リーグの審判が笛を吹いていたらどうだろう。

当然、普段とはかけ離れたレベルについていけるわけない!!

今回も西岡の高等技術なのに、足を見ずに判断したとなれば、あきらかに審判のレベルがついていってないということの表われだろう。

これにはホントガッカリさせられた。

選手が世界一の技術を見せてくれても、それを裁けないんだから。

こんなんで、本当に真の世界一が決定できるのか!?

もう一度大会本部には次回に向けて、大会の意義と、運営方法を再考してもらいたい。

と、珍しく熱く語ってしまいましたが、この判定のせいで日本は負けたとまでは思っていませんよ。だって、得点になってても、アメリカにまた追いつかれたかもしれないし、他の得点チャンスを生かせなかった日本にも問題はあったしね。

まだまだ、2次リーグの緒戦が終わったばかり。韓国vsメキシコの結果を見ると、この2チームに2連勝するというのはなかなか厳しいかもしれないけど、やってほしいね。

そして、再びアメリカに当たって、今後は文句なしにぶちのめしてほしい

と思う今日この頃です。





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
by bering76 | 2006-03-14 01:40 | 野球