スポーツ(主にスポーツニュース)について熱く語ります!日記を織り交ぜながらですが…。野球は東京ヤクルトスワローズファン。


by bering76
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WBC日本準決勝進出、さあ3度目の韓国戦!


いや~~~~。
信じらんねーーーーことが起こりましたーー。

なんと、アメリカが負けやがった。

マジ、ミラクルオコッタヨ!(なぜかカタコト)

ホントにうれしーです。

何がうれしいって、

もちろん、韓国へのリベンジチャンスができたから。

あのまま終わってしまうのはかなり消化不良だったからね。

この間は今井の痛恨のエラーとかもあったけど、それを差し引いてもやっぱ力負けっていう感が否めかった。特に打線だよね。アメリカ戦も韓国戦もジャッジミスやエラーがクローズアップされてるけど、やっぱ打ててないことが敗因かなと思う。まぁ、韓国のピッチャーがかなりよかったというのもあるけど、やっぱ打たなきゃ、得点しなきゃ勝てんしなぁ。

やはり、今の王ジャパンにはこの言葉しかない。

打つべし!

打つべし!!

打つべし!!!
(by丹下段平)

打ち勝ってほしいです。

ともかく、同じアジアの国に野球で3連敗は許されない。

テレ朝風に言うなれば、

「絶対に負けられない戦いがここにある!」だよね。

もう勝つしかないっスよ。

いや、勝ってください!ホントお願いします。

しかし、日韓戦はどんなときでも、どのスポーツでもやはり盛り上がりますなぁ。そして、いつのときも日本にとって大きな壁となって立ちはだかるし。

日本の皆さん。今回のWBC日韓戦で

燃え尽きましょうゾ!!

って、決勝はどうでもいいんかい!

いいんです!!

(by川平慈英)




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-03-17 23:13 | 野球
韓国、米国破り2連勝 メキシコ戦先発は松坂


いや~。スポーツニュース一覧を見てたら、ビックリしましたね~。

韓国がアメリカに勝っちゃったみたいですよ!

ヤバイよ。ヤバイよ。(出川風)

これで韓国が2勝だから、メキシコ戦に日本が勝つ前提で話をすると、日本は韓国に勝っても韓国と2勝1敗で並んでしまう。アメリカもメキシコに勝つ確立は高いだろうから、日本は2連勝したとしても、3チームが並ぶという公算になる。

こいつはキツイよ。だったら、アメリカに勝ってもらって、韓国とは1勝同士対決で勝った方が準決勝という方が楽だったよなー。

やべー。韓国つえーーよーーー!!

ほんとこの国は一発勝負が強いよな。他のスポーツでも、日韓W杯でもそうだったし、アテネやトリノのオリンピックもそうだったしね。野球先進国だった日本のアドバンテージはもうなくなって、実力は変わんなくなったし、それ以上に日本よりも精神力がハンパなく強いんだろうね。それが日本との違いな気がする。

あのイ・スンヨプが今大会は絶好調だし。たしかシドニーオリンピックの時は最後はイ・スンヨプにやられたんだよね(淡い記憶ですが…)?松坂がスコーンと打たれた時を思い出すよ。来日1年目はあんなに打てなかったのに…。

でも、3チームの勝ち数が並んだら、どうやって予選突破を決めるんだろう?やっぱり得失点とかになるのかな?直接対決は3角形になっちゃうから意味ないだろうけど。

でもでも、メキシコ戦もまだ終わってないのに、こんな話してもしょうがないか。こんな話をしてる時に限って、その前で負けちゃうもんだし…。

というわけで、取らぬ狸の皮算用はせずに、

とにかくメキシコ戦集中でいきませう!!!




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-03-14 23:58 | 野球
王ジャパン黒星スタート WBC2次リーグ米国戦


今日は仕事で帰りが遅く、クタクタなので、ブログは更新せずに早く寝ようと思っていたけど、そうは言ってられない事件が起こっていたんで、自然とPCに向かっていました。

そう。その事件とはもちろん、WBCの世紀の誤審である。

あの判定自体にはさんざんニュースでリプレイを出して、語られているので、あえてここで語る必要はないだろう。

それに審判だって間違える事もある。

だって、人間だから…。

ただ、今回はそれだけでは済まされない問題が含まれているんじゃなかろうか?

まずは、球審が目の前で見ていた塁審の判定を覆したことだ。

日本じゃこれはありえない。

野球文化の違いといってしまえばそれまでだが、一番近くで見ていた審判の判定を否定するんだったら、何のための塁審なのか?塁審の存在意義すら否定しかねない事態だ。

メジャーの試合をあまり見ることがないから知らないだけなのかもしれないけど、メジャーの試合でもこういうことがよく起きるんだろうか?はなはだ疑問だ。

他にも問題はある。

アメリカで行われている大会のアメリカ戦で、なぜアメリカ人が審判を務めるのだろうか?

サッカーのW杯だったら、これはありえない。国際試合では必ず第3国の人が審判を務めるというルールになっているからだ。サッカーと違って、野球は活動している国の数が少ないし、国によってはストライクゾーンやボークとかの考え方が違ってたりするから、なかなか難しいんだろうけど、こういう国際大会ができたのだから、しっかりとした国際基準を作って、第3国の人間がジャッジするべきだろう。

そうじゃなかったら、アメリカによるアメリカのための大会と思われてしまっても仕方がないだろう。

今回の審判団は30人近くいて、20人近くがアメリカ人で構成されているようだ。この構造自体が大きな問題ではないのか。

さらに、今回の最大の問題が残っている。

それはマイナーリーグの審判がWBCの審判を務めているということだ!!

これもサッカーのW杯だったらありえない。サッカーは審判のレベルが厳格に決められていて、各国トップの審判が集まってくる。まぁ、サッカー小国の国でレベルの低い審判が出てくることがまれにあるけど…。2002年の韓国vsスペインの試合を吹いた人とか…ね。ただ、例外はおいておけば、非常に優秀な審判が集まってくる。決勝なんかコッリーナ審判のように、欧州のトップリーグのトッップレベルの審判が吹くくらいだからね。

なのに、今回はメジャーではなく、マイナーの審判。

選手は一流なのに、審判が二流ということだ。

これは大きな問題だろーーーーー!!!

サッカーのW杯やチャンピオンズリーグのベスト16とかで2部リーグの審判が笛を吹いていたらどうだろう。

当然、普段とはかけ離れたレベルについていけるわけない!!

今回も西岡の高等技術なのに、足を見ずに判断したとなれば、あきらかに審判のレベルがついていってないということの表われだろう。

これにはホントガッカリさせられた。

選手が世界一の技術を見せてくれても、それを裁けないんだから。

こんなんで、本当に真の世界一が決定できるのか!?

もう一度大会本部には次回に向けて、大会の意義と、運営方法を再考してもらいたい。

と、珍しく熱く語ってしまいましたが、この判定のせいで日本は負けたとまでは思っていませんよ。だって、得点になってても、アメリカにまた追いつかれたかもしれないし、他の得点チャンスを生かせなかった日本にも問題はあったしね。

まだまだ、2次リーグの緒戦が終わったばかり。韓国vsメキシコの結果を見ると、この2チームに2連勝するというのはなかなか厳しいかもしれないけど、やってほしいね。

そして、再びアメリカに当たって、今後は文句なしにぶちのめしてほしい

と思う今日この頃です。





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-03-14 01:40 | 野球

大阪ぶらり男一人旅

またまた、ブログの更新をサボってしまいました。
うーん。いかんいかん。

楽しみにしてくれている人はいないとは思うけど、とりあえず謝っときます。
ゴメンなさい。。。

というわけで、復帰第1弾の投稿!

なのに、スポーツネタじゃなくてスンマセン。

それには深い理由があるんですよ。今、F1バーレーンGPを見ながら、記事を書いているんですけど、今ニュース見ちゃうと結果知っちゃうじゃーア~リマセンカ~(古っ!)。

だから、今日は金曜日に言ってきた大阪について、ちょいと書いてみようかと思います。

普段、出張のない仕事をしているんだけど、久々の出張が舞い降りました。

大阪です!

しかも、金曜日です!!!

上司と一緒の日帰り出張ということでしたが、密かに下着をカバンに忍ばせていました。

仕事も終わり、上司に「さて、東京に帰るかい」と言われたおいらは、

「私は少し市場調査をしてから帰ろうと思います」と恐る恐る言ってみたところ、上司が

「仕事残ってるから先に帰るわ~」と。

イエス!イエス!!

こうして、一人で大阪探検に出かけましたとさ。

あっ、自分の名誉の為に言うけど、市場調査もしっかりやりましたから。

というわけで、ガイドブックも持たない思いつきの一人大阪ぶらり旅が始まった。

まずはここ。

d0047818_0283021.jpg
大阪と言ったら、「グリコやん」。(すでに関西弁…)

行きたいと思ったのはいいけど、地図も場所も知らずに、地下鉄のなんばで降りて適当に歩いてたらストレートで着いちゃいました。

おれってできる子やん!(エセ関西弁)

仕事が終わったのが夕方だったから、すでに腹減り状態で瀕死寸前。ドラクエだとHPが赤くなってる感じ。というわけで行ったのがここ。

d0047818_0322950.jpg
お好み焼きが食いたかったから、とりあえず人が並んでいる店に飛び込んでみました。後日、関西の人に聞いてみたら、観光客がよく行くようなベタベタな店だったようです。食べたのは、

d0047818_0353496.jpg
こいつ。牛スジ肉にカレー粉をまぶしたお好み焼き。その名も「御堂スジ」。。なんてステキなネーミング。迷わずこいつを選んで、うまかーうまかーと食しました。(もはや関西弁ではない!?)

帰りに目撃、うめだ花月
d0047818_0401235.jpg


物足りないおいらは、そのままカプセルホテルという名の宿屋に一泊して、冒険を続けましタ。

翌日、見ておきたかったところに行ってきました3連発。

d0047818_0415252.jpg

d0047818_043164.jpg
d0047818_0434476.jpg
食い倒れ人形、かに道楽(大阪版)、NGK(なんばグランド花月)。何ってわけじゃないんだけど、やっぱ生で見んとアカンやん!しつこい!?)

さらに、こいつを発見。

d0047818_0464990.jpg
ハイー!ドン、ドン、ドン!べたべった!!ドッ、ドッ、ドッ、ドン!べたべった!!もはや頭の中で一人安田大サーカス状態です。

大満足し、東京に帰ろうと新大阪に向けて地下鉄に乗ったところ、今回の旅で最大の発見が…。

d0047818_0535273.jpg
ETC。

Ecoやし!

Tokuやし!

Chottoええやん!

素晴らしすぎるぞ。大阪の中吊り広告。「Chottoええやん!」はさすがに強引過ぎだろう!と心の中でツッコんでしまいました。

東京だったら、このセンス許されないんだろうなぁ。でも、おいらはこういうの大好きです、これを見たときに大阪を4倍好きになりました。

こうして、大阪を満喫したおいらはルーラという呪文(またの名を新幹線)を使って、東京に戻ってきましたとさ。

めでたし、めでたし。

じゃなーい。帰ってきて気づいたんだけど、通天閣を見てないやん!大阪にいる時はちっとも気づかなかった…。まぁ、ガイドブックも持たずに、あれだけ見たいところ見れたんだから、ヨシとするか。
[PR]
# by bering76 | 2006-03-13 01:20 | 日記
五輪=トリノ冬季五輪が閉幕、17日間の熱戦が終了


トリノオリンピックの17日間がフィナーレを迎えました。

ただ普通に振り返ってもおもしろくないので、勝手に賞を作って、振り返ってみることにしました。

まずは、今大会のMVP!

MVPは上村愛子です!!!

荒川静香という声が大半かと思いますが、おれはあえて上村愛子を推します。

大会初日に登場し、3Dエアをカッコよく決めてくれました。モーグルの得点配分でエアの占める割合は少ないのにも関わらず、難易度の高いエアにこだわり続け、予選、決勝の2本ともバシッと決めてくれました。

確かに、メダルはついてこなかったけど、“コークスクリュー”決めたアナタはめちゃくちゃ輝いていました。カッコよかったです。

ちなみに、おれの中で「一番かわいかった女子選手で賞」も上村愛子で、彼女は2冠に輝いております。(スイマセン、この賞は完全に自分の趣味です)

続いて、功労賞。

「功労賞は文句なしで荒川静香!!

日本に唯一のメダルに金メダルをゲットしてくれました。金メダルというプレッシャーのかかった場面で、ほぼノーミスに近い演技を見せ、他の選手とは精神力の違いを見せつけてくれました。演技が終わった後のスタンディングオベーションには感動しました。

「イナバウアー」は今年の流行語大賞にノミネートされそう…。

荒川選手、感動をありがとう。

サプライズ賞はスキージャンプの原田雅彦。

なんと体重が200kg足りずに、失格という目にあってしまいました。リレハンメルでのジャンプ失敗、長野の大失敗からの大ジャンプと、あなたはなぜオリンピックになると、ドラマチックな話題を提供してくれるのでしょうか?今回も思いもしない展開に本当に驚かされました。

おもしろかった競技賞はショートトラック!

ソルトレークでビリを走っていたオーストラリアの選手が最終コーナーの他の選手の転倒で金メダルを獲得して以来、おいらはこの競技の虜です。

今回は時差の関係で、3時~5時といったような深夜での放送が多くて、あんまり見ることができませんでしたが、スリリングさは変わっていませんでした。でも、韓国強すぎですよね。

誰かどうにかしてください...

ちなみにおもしろかった競技で賞の次点はスノーボードクロスです。

順位がめまぐるしく変わったり、転倒もあったりと、ハラハラドキドキで見てました。スノボをかじってる身としては、かっこいいとおもいますし。

でも、女子の決勝でブッチギリで1位だった選手が最後のジャンプでグラブを入れて大転倒!何であんなことをしたのでしょうか??藤森選手曰く、あれだけ差があったら、やってみたくなるのがスノーボードクロスの選手だそうです。あの人、悔やんでも悔やみきれないだろうなぁ。

カーリングは意外におもしろかったんですが、1試合の時間が長すぎて、おれにはあんまりあわない気がしたので、除外しました。

あと、個人的にはエアリアルが好きなんですが、今回はまったく見れませんでした…。実況が「ダブルフル、フル、フル」みたいに「フル」という言葉を連発するのが好きだったりします。でも、「フル」の意味をよく分かってなかったりするんですが…。

快挙達成賞は二組受賞です。

アルペンスキー回転で入賞した皆川・湯浅コンビとクロスカントリーチームスプリントで入賞した夏見・福田コンビの二組です。

どちらも日本からは世界で活躍する選手がでないので、こういうスポーツでも日本はやれると証明してくれました。まさに快挙達成ですね。

ステキな涙で賞をショートトラックの神野由佳選手に。

入賞であんなにステキな嬉し涙を見せてくれて、見ていてこっちが感動しました。メダルだけが全てじゃないよな~と実感できたワンシーンでした。失格の選手が出て、入賞となったわけだけど、そんなことは関係なし!その結果を堂々と日本にもって帰ってきてもらいたいものです。

分かりやすい解説でした賞にはフィギュアスケートの解説をしてくれた佐藤由香さんに。

「トリプルルッツ」とかジャンプをするときに、どのジャンプかを解説してくれるのが分かりやすいですね。ジャンプの違いが分からない男にとっては、この解説がないとほとんどわからないまま終わってしまいます。あと、演技中は多くを語らないのも○ですね。選手の演技を壊さない解説。こういうのも大事だよね。荒川静香のときなんか、実況を含めて沈黙の時間が結構あったけど、かえってその方が演技に入り込めたりするしね。

他にも色々表彰したい人やものはいっぱいあるけど、収拾がつかなくなりそうなので、このあたりで終わりにしようかと。

最後にお礼をいいたいで賞。

これは日本選手団全員にですね。

期待されてダメだった選手もいますし、不運に泣いた選手、調子が悪かった選手もいたと思うけど、みんながんばったと思います。結果は出なかったかもしれないけど、この17日間熱くさせてくれたのは出場した選手全員だよね。

この場を借りてお礼を言わせてもらおうかと思います。

感動をありがとう!みなさんお疲れ様でした!!





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-28 02:08 | 一般スポーツ

荒川が逆転の金!

荒川、逆転で「金」 フィギュアでアジア初

女子フィギュアがフィナーレを迎えました。

なんと、荒川静香が金メダル!!!!

いや~。すごかったですね。

パーフェクトな演技というのはこういう演技を言うんでしょうね。

他の選手のミスが続出する中、3回転‐3回転を即座に3回転‐2回転に変更したりなど、終始冷静でした。1箇所3回転ジャンプが2回転になったところがあったそうですが、どこだったんだろうと思わせるくらい素人目では気づかなかった。本当にパーフェクト!!

この大一番でパーソナルベストを出したみたいだけど、自分が持てる力を全て出せたことが金メダルを獲れた理由だろうね。他の選手はそれができなかったから。でも、オリンピックの金メダルがかかってたあの場面で自身最高の滑りができたというのは本当にすごい。

精神的にも強い女性なんでしょう。

オリンピックでは技術もそうだけど、やはりメンタルが非常に重要だという当たり前のことを今回は改めて痛感させられました。

去年はあんなにルール改正に苦しんでいたのに…。よくぞトリノにピークをもってこれたなと思うよ。

文句なしの金メダルでしたね。

いやホントすごかった。

村主は4位。

3回転が2回転になってしまったところがあって、あのジャンプミスがなかったらメダルの可能性もあったと解説の人が言ってました。

でも、村主もそれ以外にミスらしいミスはなかったんじゃないかな?

ということは、SPのポイント差が最後に響いちゃったという形だろうね。

惜しかった。ホント惜しかった。

でも、2日間通して素晴らしい演技を見せてくれたと思います。

安藤美姫は15位でした。

あの4回転はめちゃくちゃ惜しかった!(素人判断)

紙一重でこけちゃったようにおれには見えました。

ただ、4回転失敗が響いたのか、その後はジャンプでミスの連続だったね。

個人的に言うと、必要以上のプレッシャーをかけられて、さらに不調のシーズンだったことを考えればよくやったと思う。

少し休んで、リフレッシュして、この経験を来年以降生かしてほしいな。

次こそは、演技終了後のミキティスマイルを見たいものです。

負けるなミキティ。君にはまだまだ未来がある!!

上位の選手にも少し触れておこうかな。

2位になったサーシャ・コーエン。

SPの時とは別人の彼女がいました。

SPはあんなにすごかったのに…。

プレッシャーにやられたんだろうね。ガラスのハートは健在だったということでしょうか。彼女を見てると、陸上の短距離のマリーン・オッティーを思い出します。彼女はトップに立つ実力をもちながら、ブロンズコレクターと呼ばれるくらい銅メダルばっかりで、なかなか金メダルが取れませんでした。

でも、確かオッティーも最後に何かの競技で金メダルを取ってたと記憶してるから、コーエンもあきらめずにがんばってほしいね。

3位は女王スルツカヤ。

彼女がジャンプで転倒する場面を他に見たことがありません。

完全無欠の女王にとっても、オリンピックの舞台は別物だったということでしょう。

きっと、コーエンとスルツカヤにオリンピックの魔物がとりついたということだろう。

ともあれ、日本は荒川のおかげでメダル0を免れました。

ヨカッタ。ヨカッタ。




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-25 08:14 | 一般スポーツ
ついにメダル見えた! 荒川3位、村主4位


ついに始まりました。

日本最後の期待の種目 女子フィギュアが。
まずはSPです。

ここで時差に文句を言いたい。
会社が朝9時からあるというのに、

3時~7時過ぎってどないやねん!!!
というわけで、しっかりは見れていません(泣)。

日本人は全日本選手権のときと同じ展開になりましたね。

SPでは抜群の安定感を見せ、トップから僅差の3位につけた荒川

もはや風格さえ漂っています。安心して見ていられるとはこういうことなんでしょうね。でも、全日本選手権のときはフリーで逆転されちゃったから、気を緩めずにいってほしい。本人もそれを自覚しているようで、終わってすぐのインタビューで気を緩めないようにと言ってたしね。2強を食うつもりでいってほしいものです。

相変わらずの表現力を魅せた村主。は4位。

まだまだチャンスあるよ。全日本選手権と同じ展開になれば最高だね。ノーミスだったけど、上位と何でこんなに差があるんだろうとスタジオゲストの人が言ってたけど、ちょっと差があったかな~と素人のおいらは思いました。でも、演技はカンペキでした。

最後にちょっとミスちゃった安藤。は8位。

おれは安藤を一番おうえんしてたんだよね。代表選考であれだけもめたからこそ、その雑音を演技で消してほしかったんだけど…。もちろん、出てる選手の中で一番かわいいという贔屓目もあるけど。

まぁ、彼女の場合はメダルを取らなくても、4回転を決めることができれば、

トリノのヒロインはあなたです!!!!

難しいとは思うけど、ぜひこれだけは決めてほしい。それ以上おいらは求めないよ。

SPで十分メダル圏内に入ってくれた日本チーム。でもでも、これからのフリーが本番です。

悔いの残らないような演技をして、とびっきりの笑顔を見せてもらいたいものです。

メダルはきっとそれについてくると思うから…。




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-22 23:37 | 一般スポーツ
加藤条治、敗北宣言「実力ではない。結果です」


日本期待の種目「スピードスケート男子500m」。

しかーーーーし、フタをあけてみると世界で最も速い男 加藤が6位、3大会連続のメダルが期待された清水が18位と惨敗した。

加藤は不運にもスタート前にかなり待たされちゃったようですね。

たらればを言ったらキリがないし、こういうアクシデントを含めてオリンピックだと言えるから、理由にはなんないんだとうけどね。長野では同じような事が清水に起こったらしいけど、清水はきっちりリラックスをしてから試合に臨み、金メダルを獲得したわけだし。

まぁ、オリンピックの魔物に魅入られたということで…。

でも、ホント残念。世界記録をもっていたわけで、実際に世界で一番速かったわけだから。今後は速さだけでなく、何ものにも負けない強さを手に入れてほしい。まだ若いんだから、バンクーバーでも期待してます!

清水はお疲れ様だね。ここ数年は調子が悪かったみたいだし、よく出場してくれたなという感じ。年齢的にはラストチャンスになるのかもしれないけど、ホントよくやったと思う。

そして、無名の第3の男を忘れてはいけない。

及川だ!!(びっくりドンキー所属)

所属がびっくりドンキーだなんて。しかも、専属のコーチがいないという逆行の中での活躍。いや、ほんとすごいよ。及川選手に拍手。パチパチパチ!!

正直、実際に始まるまでおれはこの選手のことを知らなかったんだけど、そんな中、素晴らしい走りを見せてくれました。惜しくもメダルには届かなかったけど、4位は不振を極めた最近のスピードスケート界には明るい材料だったんじゃないかな。続いていた6大会連続のメダルを逃した事は残念だけどね。

でも、オリンピックが始まって数日たったけど、日本はいまだメダル0。

うーん、大丈夫か??

前半は期待される種目が多かったんだけど、この結果。

まぁ、おれはオリンピックはメダルだけが楽しみじゃないと思ってるから、いいちゃいいんだけど、このままだと0で終わる可能性もけっこーあるな。

まだまだオリンピックは続きます。


ガンバレ、ニッポン!!!




←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-14 22:22 | 一般スポーツ
早大、トヨタ自動車破る 社会人上位相手は18年ぶり


オリンピックが開幕したために、オリンピック一色の日本。

でも、このニュースを外すわけにはいかないでしょ。

そう。ついにやりました。

学生が社会人に勝ちましたよ~~~~~。

学生ラグビー界の長年の目標を早稲田がやってくれました。

しかも早稲田にとっては18年ぶり!!

この試合、残念ながら最後の15分くらいしか見れなかったんですけど、それでも熱さは伝わってきたね。終盤のトヨタの猛攻に対して、物怖じしないディフェンスで最後はねじ伏せちゃいましたよ。

今年の早稲田がやらなければ、どこもダメだろうというくらい学生では飛びぬけて強かったらから、ホントよかったよ。

でも、大学では無敵の強さを誇った早稲田でもトヨタ相手に辛勝だったから、それを考えると、やっぱりまだまだ差はあるんだろうね。

まぁ、難しいことを考えないで、今日のところは喜ぶこととしよー。

次は王者 東芝府中に早稲田が挑みます。

ここまできたら、行くとこまで行ってほしいなぁ。





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-12 22:41 | 一般スポーツ
上村5位入賞、里谷15位 トリノ冬季五輪


ついにトリノオリンピックが開幕しました。

大会初日にいきなり登場。

上村愛子!!!!

惜しくもメダルは取れなかったけど、とってもいい滑りをしてくれました。

特にあの3Dエア「コークスクリュー」!

予選、決勝ともにしっかりと決めてくれくれました。あのエアのときの観客のどよめきが凄かったよね。あのエアをバッチリ決めてくれただけでも、おいらは満足です。

でも、彼女にはメダルを取らせてあげたかったな~。

実力も実績もあるのに、オリンピックには縁がないんだよね。

「里谷とはまさに真逆。

里谷は今回はダメだったけど、オリンピックの舞台には抜群に強いから…。

競技が終わった後に、愛子ちゃんが「どうやったら、メダルが取れるんだろう?」と言ってたけど、ホントだよね。おいらも聞きたいよ。

メダルは取れなかったけど、あの滑りは色褪せることはない。

心から「すばらしい滑りをありがとう。そして、お疲れ様。」と言ってあげたい気分です。

もちろん、直接は言えないけど…ね。





←よかったらコチラをクリックしてくださいな!
[PR]
# by bering76 | 2006-02-12 22:09 | 一般スポーツ